奨学金

学部

1. 日本国政府文部科学省奨学金留学生(MEXT奨学生または国費留学生)


A.新規に大使館推薦による国費外国人留学生として留学を希望する場合
各国の日本大使館に直接お問い合わせください。


B. 既に日本の大学に在学している国費留学生が本研究科の修士課程に国費留学生として応募したい場合
各所属大学の担当部署にお問い合わせください。

 

2. 留学生受入れ促進プログラム(日本学生支援機構)


我が国の大学の学部・大学院に在籍する私費外国人留学生で、学業、人物ともに優れ、かつ、留学生活を続けていくために経済的な援助を 必要とする者に対し、日本学生支援機構が私費外国人留学生学習奨励費の給付事業を行っています。

 

支給額: 学部レベル  月額 48,000円 (2020年4月現在)
期間: 6ヶ月/12ヶ月

 

1,2年次
詳細は駒場 留学生支援室に お問い合わせください。

 

3,4年次
該当者には詳細な応募方法につき、直接、留学生・国際交流担当チームからご連絡します。

 

3. 民間団体等による奨学金

 

1,2年次
私費留学生で大学を通じて応募する奨学金を希望する学生は、 駒場 留学生支援室にお問い合わせください。

 

3,4年次
留学生向けに多様な奨学金がありますが、奨学金申請には直接奨学団体に応募する直接応募と、大学内で選考を経て、 大学を通して奨学団体に応募する大学推薦があります。後者の大学推薦の候補者は、本学在籍生・入学予定者に限られ、 在籍(予定)研究科/学部事務で登録します。 詳細は「大学を通して申し込む奨学金制度」をご覧下さい。 ただし、奨学金事情は非常に厳しく、この登録制度を通して奨学金を受給できる学生の数は限られています。 直接応募 は、ウェブサイト (https://www.u-tokyo.ac.jp/en/prospective-students/privateorg.html) でも紹介されていますので、 各自、定期的にチェックして活用することをお勧めします。

 

大学院

1. 日本国政府文部科学省奨学金留学生(MEXT奨学生)制度

 

日本国政府文部科学省奨学金留学生(MEXT奨学生)制度には以下の三種類があります。

 

(1) 大使館推薦 日本国政府文部科学省奨学金留学生制度(国費留学生制度)をご覧ください。


(2) 大学推薦:成績優秀な9月入学新規渡日者対象。例年, 1月頃に募集があり、6月頃に文部科学省 最終選考結果が発表されます。該当者には詳細な応募方法について、直接、留学生・国際交流担当チームからご連絡します。

2015年度、2016年度、2017年度の採用実績は各1名でしたが、2018年度以降は採択実績はありません。

 

2. 東京大学外国人留学生特別奨学制度(東京大学フェローシップ)

 

本制度は、「大学院における特に優秀な私費外国人留学生に対し研究奨励費を支給することにより、本学での学術研究への取組を支援するとともに、 諸外国からの優秀な留学生の受入促進に資すること」を目的として、平成16年度に設立されました。

受給者には、月額20万円(2020年9月現在)の研究奨励費が入学課程の標準修業年限まで(修士課程2年間)支給されます。 2018年度4月入学3名/9月入学2名、2019年度4月入学1名/9月入学1名、2020年度4月入学2名/9月入学2名が本奨学金に採択されました。

該当者には詳細な応募方法について、直接、留学生・国際交流担当チームから連絡があります。


3. 留学生受入れ促進プログラム(日本学生支援機構)

 

我が国の大学の学部・大学院に在籍する私費外国人留学生で、学業、人物ともに優れ、かつ、留学生活を続けていくために経済的な援助を 必要とする者に対し、日本学生支援機構が私費外国人留学生学習奨励費の給付事業を行っています。

 

支給額:大学院レベル 月額 48,000円  (2020年9月現在)
期間: 6ヶ月または12ヶ月

 

該当者には詳細な応募方法につき、直接、留学生・国際交流担当チームからご連絡します。

2018年度12ヶ月5名(渡日前予約枠)と1名(一般枠)、2019年度12ヶ月2名(渡日前予約枠)と1名(一般枠)/6ヵ月7名(渡日前予約枠)、 2020年度12ヶ月5名(渡日前予約枠)が支給を受けました。


4. 東京大学外国人留学生支援基金奨学金

 

支給額: 月額  50,000円  (2020年4月現在)
期間: 6ヶ月または12ヶ月
該当者には詳細な応募方法について、直接、留学生・国際交流担当チームからご連絡します。2018年度~2020年度は各年12ヶ月1名が受給しています。


5. 民間団体等による奨学金

 

留学生向けに多様な奨学金がありますが、奨学金申請には直接奨学団体に応募する直接応募と、大学内で選考を経て、 大学を通して奨学団体に応募する大学推薦があります。後者の大学推薦の候補者は、本学在籍生・入学予定者に限られ、 在籍(予定)研究科/学部事務で登録します。 詳細は「大学を通して申し込む奨学金制度」をご覧下さい。 ただし、奨学金事情は非常に厳しく、この登録制度を通して奨学金を受給できる学生の数は、限られています。 直接応募 については、下記サイトでも紹介されていますので、各自、定期的にチェックして活用することをお勧めします。 https://www.u-tokyo.ac.jp/en/prospective-students/privateorg.html